2018年10月22日

ギアレボ遠征




(怒涛の) ギアレボ遠征から帰還し、
ひと段落ついたので

ミリブロ更新

前回の続きです



先日サバゲ祭に参加しました

あまり写真を撮りませんでしたが、
少しご紹介〜





朝7時頃に千葉県に到着し、
コンビニで小休憩


ふと隣を見ると



ESS!?

ノーベルアームズさんの車でしょうか。

イカしたミリタリーなステッカーが
たくさん貼ってありました


ユニオンの近くの某コンビニ、

朝から店内にエアソフターがたくさんいて
なんか不思議な感じ(笑)




その後、フィードに到着

600人オーバーということで
千葉県のユニオンは
たくさんの参加者で溢れかえっていました





長距離を共にした山形メンバー



尾花沢フィールドを運営する武器屋 氏。
ユルゲ3でも ご一緒させて頂いたTJ1 氏。
ウッドランドなラッキーボーイ、ブライアン氏。


長旅お疲れ様でした〜

車内で終始笑ってたので
顎筋が少し痛いです




そして

ギアログやユルゲ、ギアレボ
いつも楽しい時間をありがとうございます


東京装備BAKA」 のモリゾー氏。





景品カプセル
当選したリトルアーモリー





初めてリトアモ作ってみました!



(まだ銃は作ってません笑)





現地入りした私たちは

車のリアサスを苦しめていた
4人分のペリカンとナイロン
を降ろし、




いざセーフティへ





コーヒー片手に眠気覚ましで
ふらふらと歩いてると

ギアレボ看板を掲げるユーマン 氏とレオニダス氏を発見。





素敵な笑顔、
ありがとうございます☼





参加申し込みをして
長蛇の列から解放されると


岩手から参加された
素敵なバンダナのおふたり、
Ryu 氏と小笠原傭兵 氏を発見。



実はRyu氏、
私が大学生の頃だった頃からお付き合いがあり、
今回またお会いできました

今度 岩手のフィールドに遊びに行きますね!




物販を見ながらフラフラ…

例のハンドサインの元祖、
泥沼 氏を発見。



セカンドラインがお洒落っす



いかしたマフラー音が聞こえ
思わず振り返ると

参加者の送迎で何往復も活躍していた
イケメソHILUXが。

ちゅっかり乗ってパシャリ笑


(許可を頂いて撮影)




ちゃっかりと言えばチャッカリノリス 氏の



RAAのTexasサングラスが
とてもかっこよかったです。





ふと近くを通りがかった警察官に職質され


(※フィクションです)





いやいやいや、
もっとヤバいでしょ
って人を発見



はち切れそうな筋肉のレオニダス-Z 氏。



時代と共に装備は進化してきました

というアナウンスが聞こえてきそうな
ひとコマ。




トレポンシリンダーについて
色々お話したポン太 氏と



宮城から参加された
PUT部長

今度FJクルーザーのルーフラックに
乗ってみたいっす





そして

MCBK×AOR1
超お洒落な
164b.p.m 氏 !



同じロングマガジンで嬉しかったです。






快晴の下で食べるカレー





最後に今回のセットアップ
例の組み合わせです。









ひさびさの関東遠征、
なかなか来れないフィールド、
新鮮で楽しめました!



これから発表される
カメラマンさんの画像が楽しみです




今日はここまで


画像に問題がある場合はご連絡ください





  


Posted by SUHO  at 20:57Comments(0)MAYFLOWER R&CFerro Conceptsギアレボ

2018年10月20日

ギアレボ 移動中

現在の時刻は 2時

後部座席から iPad で更新中!


ギアレボ に向けて、

私たちは東北から車で向かっております。

荷物量がえぐいっす








4人分のペリカン 6箱積んでるのでリアががが





本日ご一緒する皆さま、
よろしくお願い致します(^^)





  


Posted by SUHO  at 02:06Comments(1)

2018年10月16日

Slickster !!

手に入れました!

Ferro Concepts
Slickster™






前回のブログ にも書きましたが、

最先端お洒落なデザインで、
ずっと欲しかった商品です







さっそく細かいところを
パーツごとに見ていきます





フロントパネル




ベルクロ全面がマルチカム。

とりあえず
CRYEのカバーをかけたSAPIを入れてみました



ぴったりです


別売りのパーツで拡張することも可能






バックパネル





ベルクロが横に広いので
各種LE系パッチに優しいのではないでしょうか





カマーバンド





Blue Force Gear
Ten-Speed ポーチを進化させたようなカマバン。

もちろんMultiCam 伸縮実生地



実物PMAGを入れてみると、
これまたピッタリ

伸縮性があるため、5.56系マグ以外にも
モトローラやPRC148ぐらいなら入ります。

別売りで、
異なる種類のカマーバンドも販売しているようです





ショルダー



内部のベルクロを剥がすだけで
長さが調整できます

非常に薄いのですが、
パネル重量の負担はあまり感じません。

余った分はバックパネル内に収納します。





タグ



デザインはカナダ、
製造はアメリカ と記載されています







さて、前回のブログで予告した通り




MAYFLOWER R&C
UW Chest Rig Gen IV



のパネルがポン付けできるか
試してみたいと思います






まず、
Slickster のレーザーカットされたこの部分に



ITW QASM buckle を装着。






次に UW Chest Rig
背面にあるベルクロカバーを取り外します








ITW QASM buckles を接続し、

フロントパネルとリグのベルクロを貼り合わせて、

バックパネル側に2本のファステックスを通せば



完成です






適当に小物類を足していくと
こんな感じになります







実際に手に取ってみて

Slickster は
各種メーカーの機能を取り入れた
いいとこ取り、という感じがしました



進化し続けるセカンドラインの流行とニーズに
Ferro Concepts は早い段階から
着目していたのだと思います






さっそく今週末のゲームで使ってみて、
改めてレビューをしたいと思います



ご覧いただきありがとうございました





  


Posted by SUHO  at 15:23Comments(0)装備MAYFLOWER R&CFerro Concepts

2018年10月12日

最近 気になるプレートキャリア

少しずつメディアでの露出が増えてきた

Ferro Concepts

兵士や法執行機関向けにタクティカルギアを開発、提供しているブランドです


HP https://ferroconcepts.com/

カナダ西部のアルバータ州にあるカルガリーに籍を置いていますが、

商品はアメリカで製造しています




日本国内ではまだ認知度が高くなく、
取り扱うショップが少ないため、
あまり商品は流通していません



国内での正規取扱店はAdvanced Assault Gear のみ



今後、人気上昇とともに
取り扱うショップが増えていきそうですね




そんなFerro Conceptsの商品で

私が気になる商品はコチラ!

Slickster™プレートキャリア









軍や法執行機関の幅広いミッションに合わせ開発されたキャリアで

DAやコンシールメントなど、
用途に合わせ装備を拡張することができます。






私が注目した点は、


VelocityやMayflower、D3などの

リグやプラカードを後付けすることができること





※接続には ITW QASM buckles が必要になります




最新ロットではレーザーカットになり
従来のMOLLEよりも軽量化が図られてます





マルチカムカラーの商品は
ベルクロが 柄入りになってるイケメソスタイル






既に LEや軍での使用例があるようです。



SFOs では
ウルフグレイカラーの Slickster を着用










US LE での使用例









その他












公式画像












YouTubeでは
T.REX ARMSGarand Thumb でも

着用、紹介されております





https://youtu.be/05yJpFw-sR8




一時期マルチカムブラックのカラーも
展開していたみたいですよ~
ギアレボMCBKの皆さん






もう かっこよすぎて
買うしかない!
と意気込んでましたが





残念ながら
Ferro Concepts のHPを確認したところ
すでに
売り切れ が続いているようです





もし手に入れることができましたら

所有している MAYFLOWER R&C
UW Chest Rig genⅣ
に接続して使ってみたいです







Ferro Concepts




今後、急成長を期待できますね!




今日はここまで






画像参照元:公式Instagram , 公式HP

https://www.instagram.com/ferroconcepts/

https://ferroconcepts.com/


  


Posted by SUHO  at 21:01Comments(0)装備MAYFLOWER R&CFerro Concepts

2018年10月11日

Mayflower カスタム



以前、ブログで紹介した

MAYFLOWER R&C
UW Chest Rig genⅣ






非常に使いやすく、
毎回のようにゲームで使っておりますが


よりタクティカルな使い心地を求め、

ハーネス部分をカスタムしました





用意したものはコチラ

Velocity Systems Mayflower



ULTRAcomp H-Harness RG




ULTRAcomp 素材は、
ゴムのような素材とナイロンを張り合わせたような
非常に薄い素材で、





従来のナイロン布製より軽量化されています。




また、

ULTRAcomp 素材は雨や泥が付着しても
染み込まない生地であること、

マガジンやラジオが入るリグの重量を
伸縮素材で分散する機能

が備わってます。



このアークテリクスを着た方のリグも
よく見ると ULTRAcomp 特有の薄さです。





さっそく交換していきます。



純正ハーネスを取り外し、




ULTRAcomp H-Harness を




装着!




構造は同じで簡単に取り換えられます





お気づきの方はもうお分かりかと、

私のUW Chest Rig genⅣの
純正ファステックスは購入時から黒です

今回カスタムしたH-Harnessも黒にしました。



ファステックスの正式名称は
※ ITW QASM buckles ですが
面倒なので以下「ファス」と記載します

   ※Quick Attach Surface Mount Buckle




米国のショップで取り扱う
一部のMAYFLOWER R&C 商品のは
ファスがもともと黒です。


日本に入ってくる同社リグのファスは
たしかコヨーテに近い色だったかと…



製造年なのか流通によるものなのかは分かりませんが

日本で販売されている商品で黒ファスは見たことありません。


ちなみに
Velocity Systems
SwiftClip Kit


を使えば黒ファスに変えることができます










次回、使ってみてレビューをしたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。



  


Posted by SUHO  at 17:01Comments(0)装備MAYFLOWER R&C

2018年10月08日

ひさびさのエアソフト

3連休!ということで
某フィールドのゲームに参加してきました




台風が日本海側に抜けたので晴れると信じていたのですが、


…雨。


1日を通して芋煮BBQ会と化しました。




今回のコーデはこんな感じ

久しぶりのAOR1を取り入れたセットアップ



安定のリグサードラインです




そして例の

SALOMON
XA PRO 3D GTX


を初投入!




ブライアン氏とSALOMON合わせ






そして
装備のお話で盛り上がった アビーさん





泥の中で引きずられた実物JPCは無事だったのでしょうか…笑




雨で濡れないように
過保護のカホコな
トレポン3兄弟。



ロゴが変わる前の実物EOTechホロ


前回、不具合のあったマガジンも



調整して無事に使えるようになりました。



お次は
お祭り漢!なMOTOさんの
ヘビーな M3 MAAWS





モスカートを使い、ゲームでも使用可能。





各金属パーツを溶接して作成したそうです




そして
参加者からお借りした40MIKE
初めて撃たせて頂きました。



0.3秒で150発は
チート感やばいです笑





滝さんの VORTEX RAZOR
例のイケメソハンドガードを
拝見したりと、


興味深いものがたくさんあった一日でした






2年ぶりに来たフィールドですが、
相変わらず素敵なシチュエーション









一瞬の晴れ間を見つけ撮影会

レイダースな皆さんに混ぜて頂きました。













素敵な写真がたくさん撮れたのですが、

シューズが泥だらけ…




雨&粘土質の泥で汚れた
ブライアン氏の車を洗車場で洗った際に

試しに SALOMONにも
高圧ホースで水をぶっかけ!



恐るべし GORE-TEX !!

5秒でピカピカです



今日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。



  


Posted by SUHO  at 23:17Comments(2)トレポン装備MAYFLOWER R&C

2018年10月05日

さろもん




これまで長い間 愛用してきたシューズ

ASOLO FSN 95 GTX

ソールが 加水分解 で剥がれてきてしまいました


ソールの経年劣化、及びに 接着部の剥離によるものです。


アウトドアやサバゲーで 酷使してきたので
いつかこうなることは分かっていたのですが


愛着があったので とても残念…


新品で購入した頃は、
こんなに綺麗だったんです
(遺影)








実は私、学生時代にアウトドアブランド
mont-bell で約2年間アルバイトをしていた経験があり、

アッパーとソールを接着する専門的な方法を
知っております


意外と知られていませんが、

ASOLO製品は
モンベル店舗にて
ソールの修理を依頼することもできます






ですが、

FSN 95 は発売から長い年月が経つシリーズで
ソールの国内在庫数が少ないはず

(もしかしたら、もう無いかも)


修理期間中に、
今月 立て続けにあるサバゲーイベントで、
履くシューズが無くなることから



今回は取り急ぎ
新しいフットウェアを購入しました



SALOMON
XA PRO 3D GTX®









SALOMON製品の中では型落ちシリーズですが、

米軍特殊では非常に多くの使用例が確認されます。



同じくローカットの

同社SPEEDCROSS シリーズ や


salomon speedcross 4 gtx


VASQUE JUXT

VASQUE JUXT シリーズ も検討しましたが、



反射素材の面積が少ない点や、
素材、ソールの形状、




サイズ別 在庫数の関係から

今回 XA PRO 3D GTX をチョイスしました。




GORE-TEX です (重要)


使ってみたところ、

足に吸い付くような
柔らかい履き心地に驚きました。






さすがサロモン、

走り出したくなるような軽さ、

丈夫で安心感のあるソールです。



コンタグリップ


重いASOLOを1日ずっと履いてると、

靴を履き替えても、

帰り道の運転が足の疲労で
なかなかキツいんですよね…




さて、

SALOMON のトレイル系シューズを履く
エアソフターやリエナクターが
最近増加しているわけですが


人とは違う個性を出したいなぁ、と

なんとなく考えていました。


そんなときに見つけた

サロモン ミニカスタム!




用意したものはコレ

『SALOMON
QUICKLACE キット』






さっそく 純正ブラック から レッド に交換していきます。









まずは
もとの紐をハサミで切り外します。





用意していたキットの紐の端を切り、






紐を、付属する透明な管に通して




穴に通しやすくします。











この部品に紐を通して







表裏を間違えないよう



パチンと蓋をします。








余分な長さを切り、このパーツで接合します。









もう片方も同じようにカスタム












街履きには
真っ黒で少しオタい雰囲気だったのが


差し色でお洒落に!






赤が入ると全体的に引き締まる感じがします。



ふとしたときに意外な発見を



T.REX ARMS の撮影担当者のサロモンも



赤!!





赤色 以外にもいろいろなカラーバリエーションがありますので、

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください(^^)


以上、サロモン ミニカスタム でした〜







そういえば、

海人な某隊員が履く このサロモンも……












  


Posted by SUHO  at 20:31Comments(0)装備ミリタリーSEAL

2018年10月03日

2032

台風24号の影響で航空路線が混雑し、

桃園国際空港の滑走路付近で
2時間近く機内待機…



そんな波乱の5時間フライトを乗り越え、






無事に半月ぶりに日本に帰国しました







台湾南部との気温の差が大きすぎて、
日本がとても寒く感じます









帰宅後に
スーツケースとミステリーランチを放り投げ、



ベッドで横になってると
部屋のすみで青く光る物が…



!?

… v ……




V-Lite







いつから光ってたんだろう?




出国前に、
最後にサバゲーしてから
約2週間……



点灯し続けていた S&S製 V-Lite…



電池もったいねぇ!



いや、CR2032電池 なんてどうでもいいんですよ


切開しないかぎり電池交換ができない実物V-Liteの
1個7000円という値段が頭をよぎるんです



嗚呼、かつて 力強く点灯していたV-Lite





今では弱々しく点灯し
電池も底をつきそう









にしても、

メーカーが公表している点灯時間が
連続120時間ですので、



私が家をあけた
約2週間=約336時間



まだ連続点灯してるの 凄くないですかね



これが S&S PRECISION の本気なんですかね






いつまで点灯し続けるか計測してみようかしら。





驚きと悲しみが混じりあって、
なんだか不思議な感じ。



そんなことより
はやく みんなとサバゲー行きたいです。










  


Posted by SUHO  at 16:06Comments(0)装備ミリタリー

2018年09月28日

台湾でのミリタリー事情

先日のゆるげに参加された皆さんお疲れ様でした



私は諸事情により参加出来ませんでしたが


SNSに流れてくる ミリ な フォトを
たくさん拝見させて頂きました。





次のギアレボに参加させて頂きますので、
宜しくお願い致します!




さて、いま私は、

日本から2,600km離れた
台湾の南の田舎町にいます。





東北地方の平均気温25℃に身体が慣れていたので、

35℃〜40℃の環境に来てから身体がおかしくなってます笑


台北はとても涼しかったんですが 笑

台湾は20回近く来てますが、
暑さには未だに慣れません(><)

おそるべし熱帯モンスーン気候…



そんな暑いときは

タピオカミルクティー!

店員さんに我要一杯 珍珠奶茶 (ツェンツーナイツァー)
と言えば500mlを日本円の約60円で購入できます。

果物たっぷりカキ氷とかもおすすめです




ぜひ機会があればお召し上がりくださいネ




ここは、小さなはずれの町で
コンビニはひとつしかありません笑

(なぜかセブンイレブン)




すぐ近くには
台湾軍基地があり、

(中華民国国軍)


いつも兵員輸送車が砂埃をあげながら走っています。


近くの空港からは戦闘機が飛び立つため

地響きと共に ジェット音が響き渡ります。


ですが、
台湾には徴兵制があるため、
(現在は軍事教練)


台湾では軍を出てからが一丁前の男、


一般人と軍の距離が近く
あまり嫌な顔をしている方はいません。


せっかくなので、

田舎町ならではの、
よく見かけるミリタリーな物を紹介しようと思います





1番見かけるのはこの車両。

M939系(936)ベースの軍用トラックです。



荷台に兵士や装備、機材を積んでいます。






そしてこの車両も。





普型的輕型戰術輪車でしょうか。

Jeep ラングラーのようです。



細い道でもスイスイ走ってました。




みんなこの迷彩服。



たしか 國軍數位迷彩 だったと思います。


近くで見たところデジタル迷彩でした。
なんとなくCADPADに近いのかな?

何年か前に来た時は一般兵はウッドランドでした




4番目はこの機体。




F-16です。

こやつが寝不足の原因です。


以前、台湾に留学していた時は
大学のグラウンド上を F-CK-1 がよく飛行してました。


ちなみに、
淡水 に行った際はペイブホーク(所属が米軍か台湾軍かは不明)が飛行してました。




最後は憲兵隊の装備




遠すぎて分かりにくいのですが。
背中には SWAT の文字が。

あんまりジロジロ見たら誤解されそうだった為、
近くでチラ見だけ。


空港や大きな駅で必ず見かけます。

ほぼ UZI を傾向してます。

ホルスター内のサブはグリップしか見えず
識別できませんでしたが、
なんとなくSIG系だったかも。

ホルスターはブラックホーク、

無線はモトローラ。


国会議事堂を警備してる憲兵はAR系を装備していたのを確認しました。


また、國父記念館での警備にあたる隊員は

衛兵用のM1を収納するガンケースを
背負って待機してました






台湾の街の中にはミリタリーな物をよく見かけますが

あまりカメラを向けない方がいいかもしれません。


台湾に入国する旅客機で
上空からの撮影を禁止していたりと


台湾は軍事的な撮影に、
やや厳しい制限をかけています





よく聞かれますが

台湾にもミリタリーショップはたくさんあります

ですが、「サバイバルゲーム」「Airsoft」と言っても台湾人にはもちろん伝わりません。

サバゲーは中国語で「生存遊戯」



ミリタリーショップをいくつか まわりましたが

中華民国国軍の装備を極めてる方 以外は、

Amazonで手に入る物ばかりですので

特に珍しい物は無いと思います笑




4年前に彰化 のミリタリーショップで
店長とパッチをトレードしたことがあります笑

日本製のベルクロパッチを持ってくと喜ばれます。


ぜひ皆さんも日本でしか手に入らない小物を
持って行ってみてください〜



長くなりましたので

機会があれば、また紹介していこうと思います。


以上、現場からのブログ更新でした〜




(一部 画像転載元 台湾国防省より)

(間違いなどがございましたら訂正させて頂きます)



  


Posted by SUHO  at 12:07Comments(0)ユルゲミリタリー

2018年09月09日

秋のコーディネート

前回のブログに引き継ぎ、

次は装備の衣替え編です



秋に合わせ、セカンドラインを更新しました。


夏が過ぎてもチェストリグの快適さから

未だに抜け出せておりません笑


最近はリグを上手に着こなせるよう
試行錯誤しております。





プライマリ : SYSTEMA PTW

セカンドライン : MAYFLOWER R&C
UW Chest Rig genⅣ
黒ファス

サードライン : MYSTERY RANCH ASAP
ヘッドセット : MSA SORDIN
ラジオ : PRC-148
フッドウェア : ASOLO FSN95
スリング : VTAC Mk1
ランヤード : Yates
グローブ : OAKLEY SI ライトウェイトグローブ









小物類は画像の通りです。




青いデルタシャーピーを差し色にし、
NITEIZEのマイクロライトや
実CATでアクセントを出しました。




ごちゃごちゃ感を抑えるため、

あえてヘッドギアとファーストラインは
着用しておりません。



さて、この MAYFLOWER のリグは

ハーネスの形状、
ハーネスの長さが調整ができるため

非常に使いやすいです






以前 Eagle Industries の MPCR を所有しておりましたが、


やせ型の私が着用すると

マガジンや無線の重量で前方にズレてくるのが難点でした。






UW Chest Rig



体をひねったりしても、
ピッタリと着用できて



体型問わず、どんな方でも扱いやすいチェストリグですので是非オススメです。










営業癖 が出てきたので


今日はここまで。


ご覧いただきありがとうございました。

  


Posted by SUHO  at 07:28Comments(0)装備MysteryRanchMAYFLOWER R&C