2018年08月03日

ミステリーなランチ






暑い日が続きますね。

来週もっと暑いであろう、
とある国
に行くことになり、

なかなかハードスケジュールな 山形チェリーギャング こと SUHO です笑



さて、出国までの期間、
少しずつ荷物を準備しておりますが


滞在期間が短く、
現地で日用品が調達できることから


今回はスーツケースを引っ張り出すよりも、
バックパックの1デイサイズくらいで十分な気がします



普段から愛用している





ホグロフスCORKER
で行こうかと考えておりましたが、


ハードな生地のクーカーは、

荷物が増える帰国時に
パンパンになって大変かな~

なんて心配になってきます



ん~どんな時も悩まされますねサードラインは…





そんな時はアレを使うしかない!




デデドン‼




ミステリーランチ こと


Mystery Ranch
ASAP




ASAPはミスランを代表する
3ジップデザインのアサルトパックのひとつ。



京都のセレクトショップでミスランコーナーを見てたときに

全面に施された MOLLE のPALS ウェビングに一目惚れ…

ミリミリ魂に火がつきました



ミスランはネットで買うとベトナムやフィリピン製の製品にあたる可能性があるため、

A&Fカントリー正規店にて
Made in USAASAP
を購入しました。


現在、ミスランのミリタリーラインの米国産を探すのは少し難しくなってきているようです。





荷物をぶち込む前にスペック紹介です







1 DAY ASSAULT を基に
狙撃や偵察等の短期間の任務向けに作られたアサルトパックASAP。







As Soon As Possible=ASAP


容量 17~18L
重量 1.2kg
素材 500デニール Cordura





トップポケットがあり、







その上部にはベルクロベースがあります。



使用者の骨格や体形に合わせフレームの調整ができる
FUTURA YOKE SYSTEM 機能
(フューチュラヨーク システム)




ハイドレーション搭載可能。

各軍用無線のエクステンションチューブを
内外に通すことができます。




ざっと物を入れてみると





GORE-TEXウェアや、
iPad、GoPro 、 アイウェア など



いろいろ入って便利です。



内部にもMOLLEが3×4列あるので、
転がってるユーリティポーチでも付けてみようかな~





さて、今回 搭乗する航空会社の規定で、
機内持ち込み手荷物のサイズが定められています。



40×50×25cm

(3辺の合計が115cm)

重量は7kg未満。

という手荷物の大きさと重さの規定です。




ASAPの各辺を測ってみたところ、

30×50×25 cm でしたので、
いけそうですね!

ですが、1.2kg ある本体を除くと

5.8kgしか荷物をいれることができません。





残念ながら

.....みんなのお土産は無しっ!!






今後は、ASAPが宝の持ち腐れにならないよう
たくさん使っていこうと思います





ご覧頂きありがとうございました。





  
タグ :MysteryRanch


Posted by SUHO  at 18:27Comments(0)装備ミリタリーMysteryRanch

2018年07月26日

またも、ガイズリー。







SYSTEMA PTW用
GEISSELE SMR Mk5 ハンドガード


を購入したので、
さっそくトレポンに組んでいきます。



今回購入したものは

DYNAMIC TACTICAL製

GEISSELE SMR Mk5 の 9.5インチ、
カラーはダークアースになります。







シンプルな梱包







非常に美しい色合いで
肌触りが良いです。

意外にサラサラしてます。







MADBULLのDD RIS2 とは
また違った質感です。



仮組みしていきます。



分解するとこのような構造になっております。




今回 用意したトレポン用10.3インチアウターバレル

試しに並べると



ハンドガードと長さがぴったりでした。




チャンバーとインナーバレルを組んだアウターバレルに、







ハンドガードを組み




無事にポン付けでき......


ない!!!!?


はい、ポン付けできませんね これ



お分かりでしょうか、





わずかにハンドガードがズレてます。

干渉する箇所はこの部分です。





ハンドガード側のこの面を数ミリ削る必要があります







金属ヤスリさえあれば何ら問題ありませんので許容範囲内ですが、

今夜中に組みたかったので なんだか⤵︎⤵︎⤵︎



次回につづく。




  
タグ :トレポン


Posted by SUHO  at 21:04Comments(0)トレポン

2018年07月14日

ナイロン ランキング

私が所有する

プレートキャリア
ランキング ベスト 7






いろいろ使ってきたセカンドラインのランキング付けをしてみたいと思います!


※あくまで個人的主観です笑
※ソフトアーマーやスリックは、
 参考までにリグと組み合わせて掲載します
※全て実物装備品のご紹介になります





さっそく行ってみましょう!





第7位

LBT  (London Bridge Trading)

LBT-6094 SLICK

LBT-2586J
LBT-6080A




スリックを拡張するために
LBT-2586J を装着






拡張することにより
ボリュームが出て
見た目がよりクールになります。


ですが、T型クリップをMOLLEに引っ掛けて吊り下げる接続方法に難あり。




カンガルーインサートに入れたマガジンや
無線機の重量で、スリック側のナイロンが伸びてしまうためです。

使い続けた場合、恐らく生地がちぎれるかと...

背面にもMOLLEがあるので、
500Dの100オンスのハイドレーションを装着できます。

LBT-6080A










第6位

PACA
(Protective Apparel Corporation of America)

Removable Outershell Carrier


Eagle Industries
マルチパーパスチェストリグ





言わずと知れた PACAアーマー。
こちらは 青タグ、3本バンドの現行品です。







白い旧PACAよりは少し茶色がかった色です。




初めて手にした時は、生地の柔らかさに驚きました

Tシャツみたいな生地なんです

プレートを入れると伸縮します。
なかなかPACAに合うダミープレートは流れてません


LBT-1961 や マルパー などのリグを重ねて着るとクール!











第5位


FirstSpear

BEAT UP PLATE CARRIER







ファーストスピアのビートアップ。

Gホックという珍しい接続方法により、
脱着を簡易化してます。



後にTUBEという接続方法の登場により
FS商品の中では影が薄くなりました。

形状は LBT-6094 に近いです。






第4位

Diamondback Tactical (DBT)

FAPC
(Fast Attack Plate Carrier)









黒ファスのキャメルタン、旧型です。

お空やLE、コントラクターでの使用例が多数。




サイドがスカスカなので
夏におすすめ。


MOLLEのマスが奇数のため、
マガジンポーチなど装着する際は悩みます。








第3位 !

LBT (London Bridge Trading)

LBT-6094A



もう今では有名な 6094 です。
スタンダードな形状のセカンドライン。

特に説明することのないくらいシンプルな構成で
使いやすいPC。

米軍放出品 2015年製です。
マルチに使えるMulticam。




LBTの製作工程




白パル欲しいです…






第2位!


FirstSpear

Strandhögg SAPI Cut Plate Carrier






これは本当に使いやすいです。
なにより脱着が簡単!

TUBE機能により、慣れれば2秒で脱ぐことができます。



プレートが無くても運用できるのが高ポイント。

日本ではクリスコスタの着用で有名になりました。

LEやコントラクターでの使用例あり。
MARSOCではMBAVカットのマルチを使う隊員がいます。











第1位!!

CRYE PRECISION

AirLite Plate Carrier EK01





アメリカで開催された ShotShow 2012 での展示以降、
タクトレ等の民間での使用例も多くなり認知されるようになりました。

レーザーカットによる革新的なデザイン、
プレキャリ史上最軽量 227g のアーマーです。


なんと、M4マガジン1本の重量より軽いです。



ほんとに軽いです。

しかも生地がタフ!





裏側はこうなってます



デザインプレートを挿入すれば
お洒落になります。




南米コロンビアで開催される軍事イベント「Fuerzas Comando」では
米陸特メンバーが EK02 を使用していました。



夏におすすめです





以上、ナイロンランキング の紹介でした〜
購入を検討される際の参考になれば嬉しいです。

お付き合い頂きありがとうございました







  


Posted by SUHO  at 19:46Comments(0)装備ミリタリー

2018年07月13日

あの映画の裏側

最近 Netflix にはまって

つい寝不足気味な SUHOです。


ネットフリックス とは、

オンライン端末で
映画やドラマが観ることのできるアプリ。

私は 寝る前に iPad で
よく 映画やドラマ鑑賞をしています。


softbankユーザーの私は、

通信量が50GBの ほぼ 使い放題のプランに入っており、

実は通信制限というものがないんです。


好きな時間に
好きな場所で
好きな映画を観れる


って素敵ですよね!



なにかの営業かと思われるので、
本題に入ります。





久しぶりにある映画を観ました。

きっと皆さんご存知の映画



ACT OF VALOR


邦題 ネイビーシールズ



初めて観たときは
SWCC の登場シーンで衝撃を受けました。





船上からGAU-17/A
M240 をぶっ放しているあのシーンです。




映画って、
何回も観ると

昔観て気付かなかったことにも
気付くようになりますよね



今回『ACT OF VALOR』 を観ながら

ふと思いました。


この映画…

どうやって撮影しているのだろうか 、と。




ではいきましょう!

映画『ACT OF VALOR』 の裏側へ





この映画は

実物の兵器、実弾、そして実際に兵士が演技していることで有名。


撮影地のひとつ、
ミシシッピ州のジョン・C・ステニス宇宙センター

https://goo.gl/maps/hj4mbb2HzMo

NASA の施設や民間企業、研究所などがあるこの広大な土地には、アメリカ海軍の施設も入っています。


2010年にセンターにて撮影された写真



2015年にセンターにて撮影された写真





映画の一部分のシーンでは
このセンター内で撮影されています。








こんな感じ




















これは追っ手の車を吹き飛ばすあのシーンですね

くるっと回して構えるアレです。








みんな大好きSWCC











1秒間に100発は恐ろしい…
























では、カメラを見ていきましょう。


映画撮影にしては、
意外なものを使ってるんですね。















ワイミーなひとコマ







興味深い写真がたくさん出てきて、
装備の勉強にもなります








次は 違う映画の裏側を覗いてみようかな〜




今日はここまで。




ご覧頂きありがとうございました。







  


Posted by SUHO  at 22:57Comments(0)ミリタリーSEAL

2018年07月10日

ゆるげ3 行ってきたよ②



前回のブログ に引き続き、
『ゆるげ3』後半の部です。


参加された方々の中に、
Instagram を相互してる方や
ミリタリーブロガーがたくさんいらっしゃいました




インスタ上でしかお会いしたことがなかった
164b.p.m 氏 !
家族思いな優しいお方でした〜
エイヒレ美味しかったです






HALLO! My name is...
のユーマン氏!
Marpat上下イケメソな
素敵な笑顔の方でした〜

右端の人『TASK FORCE KZR
黄タグLBTのマガジンポーチ、
譲って頂きありがとうございます!






ポン太』氏
緑の営業マン、
トレポンのPMAGについて色々教えて頂きました!






泥沼装備日記
バーベキュー王。
インスタグラムでのコメント、
いつもありがとうございます!






いつもお世話になっております。
ギアフェス東北開催地
ジョーズポイント』PUT隊長!
チェチェン装備が激シブです。






宮城県から参加された
PUT部長
いつかサーフィン教えてください☆






山形県~千葉の道中、
睡魔との戦いを共に戦い抜いたブライアン氏
今後もよろしくお願い致します






チャッカリ・ノリス・ファクト』ノリス氏
シューティングレンジでお話しましたね/
WAM4に反応して頂けて嬉しかったです。






ブーニーのウエスタンかぶりがかっこいい!
ギアフェス東北主催
おもちゃの兵隊』TJ1氏






暑さで意識が飛びそうになる直前に
タイミングよく塩飴を渡してくれました。
東北のリトルアーモリーな『しょこら』さん





他にもたくさんの方々と交流できました。
また関東遠征の際にお会い出来れば嬉しいです。




さて、

WAMk18ばかり使っていたためか、
ご機嫌がずっと斜めだったトレポン...


せっかく千葉まで来たので、

調整して頂くために
東京都錦糸町のMOVEさんにお邪魔しました。



ギアフェス東北 の際に
お会いした店長さんがいらっしゃり、

その場で
トレポンの調整をして頂いただけではなく、

近所のラーメン屋さんを紹介して貰いました!


錦糸町の『双麺』



ラーメン消費量全国1位の山形県民が

東京でラーメンを食べると
なんだか不思議な感じがします笑



これがめちゃくちゃ美味!
疲れた身体に響く美味しさでした。





最後に東京スカイツリーをパシャリして
いざ山形へ帰投。




涼しくなったら
また関東遠征行きたいですね!




最後までご覧頂きありがとうございました




  


Posted by SUHO  at 16:12Comments(4)MARSOCトレポンユルゲ3ユルゲ

2018年07月10日

ゆるげ3 行ってきたよ①

7月8日に千葉県で開催されたイベント
『ゆるげ3』 から無事に山形に帰ってきました。




装備を片付け、ひと段落...
やっと画像整理する時間ができました


今回のイベントを企画された主催者様、
そして参加者の皆様、
楽しい時間をありがとうございました!



たくさん写真を撮ったので、
時系列順にあげていこうかと思います。





さて、前回のブログ でもお話しましたが、

夜23時に山形を出発し、

山形→福島→茨城→千葉

と移動したわけでございます。

非常にケツの重いヴィッツを運転し、



成田についた頃には
少しずつ朝日で空が明るくなり、



美しく赤い空に。







そういえば、
途中に大きな大仏?が見えたのですが
寝不足による幻覚だったのでしょうか…



仮眠をとり、
フィールドイン!




初めての千葉県のフィールド
「オペレーションフリーダム」





積み上げられた土嚢が印象的なフィールドでした。






たくさんの装備ストの方々が集まり、

開会式




フリーマーケット
別名 ゆるショー



お買い得な商品がたくさん!




なかなかプールのあるフィールドは見かけないですよね、素敵です。




ゲームはゆる〜く



ガスブロは調子良かったのですが、
トレポンは少し ご機嫌斜めでした...

トレポンの機嫌をなおそうと色々と試行錯誤していると、

近くを通りがかった緑のおじさん...
...ではなくポン太さんから
たくさんアドバイスを頂きました。


エアフレームの実物レールありがとうございました!


その後、
色々な方がたくさん集まってきて賑やかに。



あと、シューティングレンジで
ユーマンさんにとてもそっくりな方がいて
素で間違えました。




さて、『ゆるげ』ということでお洒落に
ソフトアーマーリグを持っていきました



実物PACA
EagleIndustries製マルチパーパスチェストリグ

の組み合わせ。




途中から、あまりの暑さに頭がパカになりそうだったので、

ソフトアーマーは放り投げてリグ単体運用。


レイダースの皆さんと
ウッドランド合わせの際だけフル着用しました。







バーベキュー王がいると聞きつけたので
見に行くと





は豪快に料理をしていて、
かっこよかったです




このお肉がとても美味しかったです!

A5の数字がちらつく美味しさでした




昼からはDCUに着替えて緑に差し色を。



3C と ASOLO FSN95 の相性は120%






東北遠征組でパシャリ








そんな中、とてもイカした日産 ダットサン サニートラックが目に留まりました。



この看板、どこかで見かけたことあるな〜



ええ、そうです、2006年に撮影されたこの有名なミリフォト



元ネタはこれでしょうか?







色々な装備の方がいて
とても勉強になりました。






後編につづく



  


Posted by SUHO  at 14:10Comments(1)MARSOCユルゲ3ユルゲ

2018年07月08日

ゆるげ3 移動中

現在の時刻は夜中の3時30分

ゆるげ3 に向けて
山形 から出発した私達は交代しながら運転してます!



つまり今は助手席でふんぞり返りながら
ブログを更新してます笑





23時に出発した私達は
山形→福島→茨城 と、
やっと関東入りしました!



高速でオービスが光らない程度に
かっ飛ばしながら

約300km 走ったことになりますね



さて、2人しか乗ってない このヴィッツ、
リアサスがなぜか沈んでますw

そうです、ペリカンが重いんです…



非常にリアが重くなりますが

ぐちゃぐちゃに装備をぶち込むより
スッキリと整理できるのは良いですねb

モンスターでキメて引き続き千葉に向かいますので
参加される方は現地でお会いしましょう!



(おそろっぴTシャツ)







  


Posted by SUHO  at 03:30Comments(0)ユルゲ3ユルゲ

2018年07月06日

ゆるげ3 に向けて

ギアフェス東北に引き続き、

ゆるげ3 に参加させて頂くことになりました。


Instagram でも告知しましたが、

今回のイベントは 山形県 から2人での遠征となります。



途中、海岸を通るルートですので
早朝に太平洋の綺麗な朝日が見れるといいなぁ なんて考えております笑


ええ、東北民は各家庭に波動エンジンを搭載した乗り物があるので、

千葉県くらいでしたらヒューんと行けちゃいます




せっかく山形から行くんだし、お土産に
うんまい大粒サクランボでも大量にペリカンに詰めていこうと思いましたが、

なんせ400km以上の移動になりますので、
保冷環境が 少し不安…




どうやら 焼きそばパン を持ってくと喜ばれるそうなので、そうさせて頂きます。


ちなみに、装備はちょい古マーソで行く予定です。


では、当日みなさんとお会いできることを楽しみにしてます!





  


Posted by SUHO  at 18:12Comments(2)ユルゲ3ユルゲ

2018年06月30日

ハンドガードとアウターバレル



今回はハンドガードとアウターバレルの長さについてです。


MADBULL製 12.25インチの DD RIS2 を装着した場合、

14.5インチのM4用アウターバレルの先端が若干はみ出ます。



そして、このままサプレッサーを装着した場合、
アウターバレルとサプレッサー間の隙間ができます。





そういう使用例もたくさんあり
かっこいいのですが、

個人的にこの隙間がずっと気になってました…







この隙間を無くすため、
アウターバレルを交換します


たかが3センチ、されど3センチ。
家に転がってるアウターバレルから
12インチ程度の長さの物を流用し調整します。



ハイダーとバレルの間にクラッシュワッシャーを挟み



RIS2 にDBAL と KACフォアグリップ 、
ガスブロックとガスチューブを。





ゲームに投入してみたところ、
少し短くなったことで取り回しの安心感がありました

ちなみにこの日のセットアップはこのような感じです。







AACのサプレッサーがいい感じにつきました。






DDRIS2はあえて塗装してない感じが
現場感のあるカスタムのようで
とても気に入ってます。



余談ですが、サプレッサーの塗装は
革靴用の墨を
塗る、落とす、と繰り返すと
いい色合いが出せます。


実銃にて使い続けたサプレッサーは
このように変色します。



ちなみに限界を迎えたサプレッサーは
このようになります。






ご覧頂きありがとうございました。





  
タグ :marsoc


Posted by SUHO  at 16:34Comments(0)ギアフェス東北WAM4

2018年06月26日

リポバッテリー『T型コネクタ』にカスタム

SYSTEMA製PTW トレポン の
リポバッテリーをT型コネクタ化しました。





11.1 Vのバッテリーで駆動するトレポンは
純正でも素晴らしいレスポンスとサイクルを誇りますが、

コネクタの抵抗を減らせば
より効率の良いレスポンスに生まれ変わります。




今回はミニSコネクタから
T型コネクタに換装した際の作業工程の記録です。


なお、この方法は各社の電動ガンや次世代電動ガンにも応用できます。


加工するリポバッテリーは



11.1V 1100mAh タイプです。


トレポンのバッファー内に収納するためには、短いスティックバッテリーを選択する必要があります。


こちらが純正のコネクタ。
タミヤ ミニSコネクタです。





プラスマイナスは配線の色で判断します。


こちらが使用するT型コネクタ




評判の良い SQUARE(スクエア) のコネクタです。
Amazon等で500円前後で販売されております。


端子の縦横でプラスマイナスを判断します。


各コードは はんだごて で溶接する必要があります。




さっそく繋いでいきましょう。


コードは必ず1本ずつ繋ぎます。

ニッパーで同時に2本切断すると、
ニッパーの金属部分が通電し、
バッテリーが火花と共にショートします。








コードを素早く切断したら、






カッターで切れ込みを入れ、





皮膜を引っ張ります。




2cm程度にカットした熱伸縮チューブ
あらかじめ通しておきます。




(この際 はんだの熱で解けないよう奥に通す)



コネクタは
画像のようにペンチを輪ゴムで固定すると
上手に固定できます。







0.5cm程度の露出した導線を





はんだで溶接します。








熱伸縮チューブをコネクタ側に移動させ、
ライターで1秒ほど熱します。





同じように、もう片方のコードを繋ぎます。





バッテリー側は完成です。






次に トレポン側のミニSコネクタも
T型コネクタに換装します。







こちらも熱伸縮チューブで保護します。



ミニSコネクタと違い、
T型コネクタは各導線の距離が近いため、
必ず熱伸縮チューブで保護する必要があります。



プラスマイナスの間違いにも注意です。


T型コネクタに換装したリポバッテリーは
『リポガード』などの保護容器に入れて安全に保管します。




最後に通電を確認し、試射して完成です。


ご覧頂きありがとうございました。


  


Posted by SUHO  at 14:30Comments(0)トレポン